HOME » そうだったのか!糖尿病の基礎知識 » 1型と2型の違い

1型と2型の違い

 このページでは、糖尿病の種類である1型と2型の違いをくわしく解説しています。

糖尿病の種類である1型&2型の違い

体の中の血糖値が上昇することで罹患してしまう糖尿病。「太った人がなりやすい」「食べ物を摂り過ぎるとかかりやすい」といった印象をもたれやすいのですが、必ずしもそうとは限りません。

糖尿病には、大きく分けて「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2つの種類があります。

1型糖尿病

このタイプの糖尿病には、インスリンの存在が大きく関わってきます。インスリンとはホルモンの一つで、血液の中にあるブドウ糖を減少させる性質を持っています。

おもに、すい臓の中にある「ランゲルハンス島のβ細胞」という細胞で作られているのですが、ウイルスなどの、何らかの原因により、このβ細胞が破壊されると、インスリンが少量、もしくは全く製造されなくなってしまいます。

こうなってしまうと、ブドウ糖が体の中で増え続けてしまうため、糖尿病になってしまうのです。この1型糖尿病にかかってしまうと、足りなくなったインスリンを補給する必要がありますので、場合によっては、毎日インスリン注射を行わなければならなくなります。

2型糖尿病

糖尿病患者の約9割を占めるのが、この2型糖尿病です。親やその前の世代が糖尿病にかかっていると、遺伝的に糖尿病になりやすい体質の子どもが生まれてしまいます。

さらに、肥満、運動不足、ストレスなどでホルモンや血糖値が変化してしまうと、それをきっかけに糖尿病を発症してしまうのです。

この2型糖尿病は自覚症状がないのが大きな特徴です。

いつ発症してしまったのかが分からないため、職場の健康診断や生命保険に加入する時の検査などで発見されることがよくあります。

そのままにしてしまうと、更に症状は進んでしまい、いつの間にか「失明」「脳梗塞」といった深刻な合併症を引き起こしてしまいます。しっかりと医師に診断してもらい、適切な治療を行いましょう。