HOME » そうだったのか!糖尿病の基礎知識 » 糖尿病と歯の関係

糖尿病と歯の関係

糖尿病は、視力や臓器にさまざまなダメージをもたらす病気ですが、実は、食べ物を細かく噛み砕く歯にも悪影響をもたらすことがあります。このページでは、糖尿病と歯周病の関連性についてくわしく紹介していきましょう。

糖尿病にかかっている人は歯周病になりやすいって本当?

歯周病の直接の原因となる歯周炎は、歯と歯肉の間にある「歯周ポケット」に、繁殖した細菌が入り込んでかかる炎症性疾患です。その進行の度合いなどは、遺伝的、環境的な影響に加えて、私たちの体の抵抗力が大きく関わっています。

糖尿病を発症することで、体を守る抗体の機能が低下すると、血管が脆弱になったり、傷が治りにくくなったりするなど、体にさまざまな悪影響があらわれ始めます。

それは歯周炎に関しても同じで、抵抗力の弱まった体は歯周ポケットに入った細菌への抵抗力が弱まってしまうため、歯周組織によって細胞が破壊され、歯周炎がどんどん重症化してしまうのです。

また、歯周病は生活習慣も起因しているといわれています。特に喫煙や食習慣、飲酒なども細菌と同じく歯周病の原因となりやすく、感染症であると共に生活習慣病としても知られているのです。

歯周病になると起こる症状

歯周病が重症化してしまうと「歯が抜けやすくなる」「動脈硬化」「脳梗塞」「脳出血」などの深刻な症状に陥ってしまいます。実はこれは糖尿病そのものの合併症とも非常に酷似しており、糖尿病と同時に歯周病になると、よりこういった症状に罹りやすい体になってしまうのです。

また、歯周病菌が血液の中に入るとそれは全身に流れ込んでしまい、心臓の冠動脈に炎症を起こしたり、心臓病の原因になってしまったり、血栓ができやすい体になってしまったりと、さまざまな悪影響が出始めます。肝臓や脂肪細胞などにも作用すると、血糖値を下げるインシュリンを作りにくくしてしまうことも起こり、より糖尿病が重くなってしまう危険性もはらんでいるのです。

こうしたことから、歯周病を口の中だけの病気で終わらせるのではなく、体全体の病気であると意識改革を行うことが治療への第一歩になるつながるでしょう。