HOME » そうだったのか!糖尿病の基礎知識 » 合併症の恐さ

合併症の恐さ

人間の体は、糖尿病を引き起こしてしまうと、どのような症状が顕われてしまうのでしょうか? ここでは、糖尿病になってしまったときに、罹りやすい合併症についてくわしく紹介していきたいと思います。

こんなに怖い! 糖尿病の合併症

糖尿病で一番怖いのは「目が見えなくなってしまう」「腎臓が悪くなり人工透析を受けざるえなくなってしまう」といった、合併症を引き起こしてしまうことです。

目の病気は「糖尿病性網膜症」、腎臓は「糖尿病性腎症」と呼ばれており、さらに手足のしびれが起きてしまう「糖尿病性神経障害」も怖い合併症の一つに数えられており、この3つを「三大合併症」とよんでいます。

【糖尿病性網膜症】

人間の目の中でも、フィルムとしての役割をもつ網膜が、長期間の高血糖にさらされると、障害を受けてしまい、この「糖尿病性網膜症」になってしまいます。

一度この症状にかかると治療は非常に困難で、最悪の場合には失明に至ってしまう危険性もあります。怖いのはその過程です。

とても静かに自覚症状もあまりみられずに進行するので「ある日突然目が!」というケースも珍しくありません。定期検診で眼底検査などを行って、早期発見につとめましょう。

【糖尿病性腎症】

腎臓というのは、血液の中にある老廃物などをこして、血液が適切な状態で体を循環する環境を整える役割を担っています。いわゆるフィルターのようなものと思っておけばいいでしょう。

「糖尿病性腎症」になってしまうと腎臓の働きの中でも、特に重要な糸球体とよばれる部分が障害を受けます。そうなると、腎臓が血液に含まれている尿中たんぱく質を上手にフィルタリングできなくなってしまい、体に尿を含んだタンパク質が漏れ出てしまうのです。

さらにそれが進行すると、腎臓のフィルタリング機能を人工的に行う「人工透析」を行わなくては、生きていけなくなってしまいます。

食事療法などで、淡白制限などを行い、血糖コントロールや血圧の管理を行うことが、この症状を予防する一番の近道です。

【糖尿病性神経障害】

三大合併症の中でも、もっとも症状が出やすい病気だといわれています。これは高血糖により、細い毛細血管がもろくなってしまう病気で、体にとって必要な酸素や栄養が隅々まで運ばれなくなってしまい、感覚や運動をつかさどる神経や、自律神経などがダメージを受けてしまいます。

初期段階では、ほとんど自覚症状がないため、最初は軽いしびれを感じるだけなので、気づかないで見逃してしまいがちです。

放置してしまうと、細胞壊死などを招き、最悪の場合には手足の切断も余儀なくされるので、少しでも「おかしい」と感じた時には、早めの治療を心がけておくといいでしょう。