HOME » おいしくて評判の糖尿病食宅配会社比較 » 武蔵野フーズ(健康宅配)

武蔵野フーズ(健康宅配)

糖尿病食の宅配サービスとして評判の武蔵野フーズについてくわしく調べてみました。

武蔵野フーズが宅配してくれる糖尿病食

【すこやか膳(3食セット)の一例】
すこやか膳画像
■特徴
カロリーや脂肪分などがおさえられたメニューで、特に糖尿病の方にオススメのセットです。医師や学会からも、カロリー、塩分、脂質など栄養バランスのとれた食事として定評があります。冷蔵(チルド)の専用トレーで届くので、電子レンジで温めるだけの手軽さです。
■栄養成分【朝昼晩3食合計】
エネルギー(kcal):1,400
たんぱく質(g):60
炭水化物(g):210
ナトリウム(mg):3,150
脂質(g):35
【煮込みハンバーグ】
■特徴
レンジでチンするだけの冷凍タイプです。お肉のほかにも野菜たっぷりでバランスよく楽しむことができる冷凍食品です。たんぱく質が19.8gとボリューム感が満載ながら、野菜の甘みやうま味もしっかりと感じることができます。
■栄養成分
エネルギー(kcal):314
たんぱく質(g):19.8
脂質(g):14.6
炭水化物(g):26.4
ナトリウム(mg):1,021
食塩相当量(g):2.6
コレステロール(mg):81

武蔵野フーズの特徴

埼玉県に本社を置く武蔵野フーズは、創業40年以上の歴史があり、全国の2,000カ所以上の病院に導入実績もある老舗の食品配達メーカーです。平成9年からは、食事制限や血糖値のコントロールが欠かせない、糖尿病や腎臓病の患者さんたちに向けて、治療食を製造して自宅まで届けてくれる「健康宅配サービス」を実施しています。

会社のモットーは「より健康に、より美味しく、より安心できる商品をお届けする」。このモットーの通り、糖尿病学会や腎臓病学会をはじめとしたさまざまな学会で、武蔵野フーズが提案する配達食品は臨床試験が実施されており、現在では、在宅治療食業界のトップブランドを確立しています。

味についても、地元の農協組合などから常に新鮮な素材を仕入れており、加工する工場も衛生面に重点をおいた自社工場で調理製造。管理栄養士が立てた完全オリジナルレシピで作られた献立プランは、毎日食べていても飽きがこない工夫がなされています。

そして、一番重要なのは安全性。武蔵野フーズには、冷蔵品と冷凍品の2種類があり、どちらも工場から出荷する際には完全包装パックを施されているので安心です。冷蔵食品は、1日2~3食の日替わり献立が用意されており、ご飯、汁物、間食、デザートが付くフルセットで提供。配達日の翌日午後2時までが賞味期限となっているので、安心して食べることができます。

冷凍品においても、保存がしやすい肉や魚が中心のセット料理を用意。日持ちもしやすく、最長で約9か月間の保存が可能です。